旭川市 末広東 大腸疾患や痔などでお悩みの方は、旭川消化器・肛門クリニックへ。

プライバシーポリシー

サイトマップ

0166-54-1788

おしりについて ABOUT BUTTOCKS

おしりについて ABOUT BUTTOCKS

旭川消化器・肛門クリニック

旭川市末広東1条3丁目1-6
(国道40号線沿い)
旭川電気軌道バス末広1条2丁目
停留所から徒歩1分
診療予約/お問い合わせ
0166-54-1788
診療時間
09:00〜12:30月〜土曜日
14:00〜17:00月〜金曜日

※ 休診日/土曜午後、日曜日、祝日

スマホサイトはこちら
消化器科 GASTROENTEROLOGY
肛門科 ANUS DEPARTMENT
検査・健診 INSPECTION

真佑会グループ GROUP

真佑会グループ GROUP

肛門のしくみ

痔という病気を理解するためには、まず肛門の構造を知っておくことが大切。
肛門は正確には「肛門管」といい、長さは約3cm前後、胃や腸から続く消化管の出口のこと。歯状線というギザギザの直腸粘膜と肛門上皮の境目で直腸と肛門に分かれています。

  • 痔核(いぼ痔)

  • 裂肛(きれ痔)

  • 痔ろう

内側の直腸は自律神経によって支配されているため、敏感に痛みを感じます。痔には「痔核」「裂肛」「痔ろう」の3つのタイプがありますが、痛みなどの自覚症状が異なるのは発生する場所が違うためです。

痔の種類と症状について詳しくはこちら

肛門は周囲にある内肛門括約筋と外肛門括約筋によって、排便時以外は締められていますが、筋肉と粘膜だけではピタリと閉じることができず、隙間ができます。
この隙間を塞ぐために、肛門の粘膜の下の血管や筋線維が結合してできたクッションと呼ばれる部分があります。
このクッションは、30歳を過ぎると徐々に老化し、排便時の圧力でクッションの血管が腫れ上がるのです。
これが痔の患者さんの5~6割を占める「痔核」の原因です。
つまり痔は、肛門の構造が招く病気であり、誰でもかかる病気なのです。

便秘・出血など、なかなか言えないおしりの悩み小さな疑問から私たちと一緒に考えていきましょう

診察予約/お問合せはこちら 0166-54-1788

メールでのお問い合わせはこちら

Copyright © 2017 Asahikawa clinic All Rights Rserved.