旭川市 末広東 大腸疾患や痔などでお悩みの方は、旭川消化器・肛門クリニックへ。

プライバシーポリシー

サイトマップ

0166-54-1788

おしりについて ABOUT BUTTOCKS

おしりについて ABOUT BUTTOCKS

旭川消化器・肛門クリニック

旭川市末広東1条3丁目1-6
(国道40号線沿い)
旭川電気軌道バス末広1条2丁目
停留所から徒歩1分
診療予約/お問い合わせ
0166-54-1788
診療時間
09:00〜12:30月〜土曜日
14:00〜17:00月〜金曜日

※ 休診日/土曜午後、日曜日、祝日

スマホサイトはこちら
消化器科 GASTROENTEROLOGY
肛門科 ANUS DEPARTMENT
検査・健診 INSPECTION

真佑会グループ GROUP

真佑会グループ GROUP

診察から診療までの流れ

「診察を受けるのが恥ずかしい」「すぐに手術されそうでコワイ・・・」
安心してください、肛門専門科では患者さんに「恥ずかしさ」を感じさせないよう、病名や名前を呼び上げないなど、様々な工夫を凝らしているのです。
さああなたも1日も早く「肛門科」の門を叩いて、悩みを解消しましょう。

1.診察のはじめは問診から

医師から直接症状を尋ねられる場合や、診察前に予め問診表に病気の経過や症状、出血の程度などを記入する場合もあります。
診察室を防音にして、話し声が外に漏れないよう配慮している病院もあります。
診察前の問診で、勇気を出して正直に、悩みを伝えることが大切です。

2.診察・検査は患者さんを第一に

診察台では、横向きに寝る体位を取ります。
これだと下着を全部脱がずに、少しずらすだけで診察を受けることができます。
そして穴の開いた布を下半身にかぶせますが、必要な部位だけが見えるようになっています。

・視診
肛門の外側の状態を調べます。
・触診・指診
次に肛門の周囲を触り、肛門の中に指を入れて状態を確かめます。
医師はゴム製の手袋を付け、指先には滑りを良くするゼリーを塗って患者さんに苦痛を与えないようにして行いますが、痛みがひどい場合などは無理に行いません。
場合によっては「肛門鏡」という診察器具を使います。
指診によって痔核の位置や大きさを確認することができます。

さらに奥に病気の疑いがある場合は「直腸鏡」を使い、直腸まで検査します。また直腸上部や大腸まで検査が必要な場合などは、肛門から「大腸内視鏡」を挿入します。

大腸内視鏡について

3.診察後、治療方針を決定します

痔の治療には、大きく分けて手術・注射療法・薬物による保存療法があります。
問診で日常生活に支障をきたすほどの症状が見られない場合は、生活習慣の改善と薬による治療を行います。
手術の場合長期入院となることは稀で、日帰りでできる手術がほとんどです。
注射療法は、治療費も手術の3分の1程度と経済的負担も大変軽くなっております。
薬物による保存療法は3ヶ月間は外来通院による経過観察が必要です。
痔の治療方法は症状にもよります、早めに医師に相談することが肝心です。

4.再発予防の為の定期健診

手術が終わっても治療は終わりではありません。
再発予防のため、医師の生活指導を受けて正しい排便習慣や食事習慣を身につけるとともに、数ヶ月に1度は定期健診を受けましょう。

各種検査について

便秘・出血など、なかなか言えないおしりの悩み小さな疑問から私たちと一緒に考えていきましょう

診察予約/お問合せはこちら 0166-54-1788

メールでのお問い合わせはこちら

Copyright © 2017 Asahikawa clinic All Rights Rserved.