旭川市 末広東 大腸疾患や痔などでお悩みの方は、旭川消化器・肛門クリニックへ。

プライバシーポリシー

サイトマップ

0166-54-1788

検査・人間ドック INSPECTION

検査・人間ドック INSPECTION

旭川消化器・肛門クリニック

旭川市末広東1条3丁目1-6
(国道40号線沿い)
旭川電気軌道バス末広1条2丁目
停留所から徒歩1分
診療予約/お問い合わせ
0166-54-1788
診療時間
09:00〜12:30月〜土曜日
14:00〜17:00月〜金曜日

※ 休診日/土曜午後、日曜日、祝日

スマホサイトはこちら
消化器科 GASTROENTEROLOGY
肛門科 ANUS DEPARTMENT
検査・健診 INSPECTION

真佑会グループ GROUP

真佑会グループ GROUP

大腸がんについて

大腸がんのできやすいところ

痔にもっとも間違いやすい病気は大腸がんです。症状は便に血が混じる、便秘や下痢を繰り返す、残便感があるなど。原因は高タンパク・高脂肪・低食物繊維という欧米型の食事メニューが増えてきたためと考えられています。大腸のなかでも直腸にできるがんが4~5割を占め、次いでS状結腸がんが約3割。大腸がんになるのは男性の方が女性よりも多く、年齢的には60歳前後がピークですが、最近は40~50歳代にも多くなっています。最初は「紙に血がついた」「血便が出た」などの症状が見られます。また、直腸がんでは、トイレに行っても便が少ししか出ず、しばらくするとまた便意を催すという症状が特徴的に見られます。痔と決定的に異なるのは、痔は出血多量が多いが、大腸がんでは便に血がついたり、混じる程度。「あやしい」と思ったら、迷わず専門医の検査を受けましょう。

大腸がんの症状

大腸がんは早期であればほぼ完治します。しかし早期では症状があらわれにくく見過ごしがちです。症状がなくても50歳を過ぎたら検査を受けましょう。

  • 排便に関する症状

    血便、便が細くなる、残便感、
    下痢と便秘を繰り返す

  • お腹に関する症状

    腹痛、腹鳴、腹部膨満感、
    痛みを伴うしこり

  • その他

    吐き気・嘔吐、貧血気味

各検査内容のご案内

大腸がんは早期であればほぼ完治します。しかし早期では症状があらわれにくく見過ごしがちです。症状がなくても50歳を過ぎたら検査を受けましょう。当院で行っている検査や検査機器のご案内。

便秘・出血など、なかなか言えないおしりの悩み小さな疑問から私たちと一緒に考えていきましょう

診察予約/お問合せはこちら 0166-54-1788

メールでのお問い合わせはこちら

Copyright © 2017 Asahikawa clinic All Rights Rserved.