旭川市 末広東 大腸疾患や痔などでお悩みの方は、旭川消化器・肛門クリニックへ。

プライバシーポリシー

サイトマップ

0166-54-1788

症状・疾病について SYMPTOMS AND DISEASE

消化器科 GASTROENTEROLOGY
肛門科 ANUS DEPARTMENT
検査・健診 INSPECTION

旭川消化器・肛門クリニック

旭川市末広東1条3丁目1-6
(国道40号線沿い)
旭川電気軌道バス末広1条2丁目
停留所から徒歩1分
診療予約/お問い合わせ
0166-54-1788
診療時間
09:00〜12:30月〜土曜日
14:00〜17:00月〜金曜日

※ 休診日/土曜午後、日曜日、祝日

スマホサイトはこちら

真佑会グループ GROUP

真佑会グループ GROUP

採用情報

げっぷ

食後の満腹時には、げっぷがでるものです。一般的には、げっぷが出る原因は、体内に溜まった空気を口から排出するためと考えられています。
早食い、ストレス、緊張などで、無意識に多くの空気を飲み込んでしまうタイプの人は、食後に限らず、体内に溜まった空気を口から排出するため、日常的にげっぷが多くなります。
しかし、げっぷが出る原因が、体内に溜まった空気を口から排出するためではない場合には、注意が必要になってきます。胃腸の機能が低下しても、げっぷの回数は多くなってきます。例えば、胃に問題がある場合は、食べ物の消化や移動が上手くいかなくなり、内圧が上がってしまうと、げっぷが出やすくなります。また、腸に問題がある場合は、食べ物の消化や移動が上手くいかなくなり、内圧が上がってしまうと、げっぷが出やすくなります。また、腸に問題がある場合は、老廃物や便秘による便の滞留により、体内にガスが溜まり、結果として、異臭を伴ったげっぷが「口から排出されます。中には重大な病気が原因となっていることも少なくないので、早めに受診されることが大切です。

げっぷを伴う病気

【逆流性食道炎】
逆流性食道炎は、食道へ胃酸が逆流することで発症します。食道が胃酸によって炎症を起こし、胃酸のニオイを伴った酸っぱいゲップや胸やけ、胃痛、喉の痛み、食欲不振などの症状を伴います。
【胃潰瘍】
胃潰瘍は、胃酸が過分に出てしまうことで胃壁が傷ついてしまう病気です。
胃酸を含んだ酸っぱいニオイのげっぷが特徴で、みぞおちの痛みや吐き気、食欲不振などの症状を伴います。進行すると吐血や下血を伴いますので、早期発見・早期治療が必要です。
【胃がん】
胃がんでは、がんができることにより、胃と腸を繋ぐ経路が狭くなってしまい、食べ物や空気が腸へ上手く流れていかなくなってしまいます。そのため胃の内圧が上がってげっぷが出やすくなります。げっぷの他にも胃痛や膨張感、食欲不振に伴う体重減少などの症状が見られますが、初期症状が分かりにくく定期検診以外での早期発見が難しいがんとも言われています。

検査について

胸やけ

みぞおちから胸骨の下あたりの食道が、チリチリと焼けつくように感じられるのが胸やけです。胃酸が逆流することで、食道を刺激し、時には炎症を起こしたりします。

【食べ過ぎやお酒】
暴飲暴食、脂っこいもの、消化しにくいものを多く食べるなどで、大量の胃酸が分泌され、食道へ逆流し、胸やけが起こることがあります。また、アルコールやタバコ、炭酸飲料も胃酸の分泌を促進し、胸やけの原因になります。

栄養相談

【加齢や肥満】
加齢や肥満による筋力の低下も原因のひとつとなります。加齢によって筋力が低下すると食道の筋肉もしなやかさを失い、胃酸が逆流しやすくなります。肥満になると胃や食道の筋肉がゆるみ、そこに腹圧が加わって胃酸が逆流します。
【ストレス】
ストレスを受け続けると、胃や十二指腸の働きをコントロールしている自律神経が乱れて、胃酸が過剰に分泌されることがあります。多すぎる胃酸が食道に逆流します。
【ピロリ菌】
ピロリ菌は、胃の強い酸の中でも生息できる細菌で、胃酸から身を守るため、常にアンモニアを出し続けています。ピロリ菌が出すアンモニアが胃の粘膜を繰り返し傷つけ、慢性胃炎を繰り返し、胸やけの原因になったり、粘膜が直接胃から分泌される胃酸と消化酵素にさらされ、胃潰瘍に進行していくと考えられています。

ピロリ菌検査・除菌療法

胸やけを伴う病気

【逆流性食道炎】
逆流性食道炎は、食道へ胃酸が逆流することで発症します。胸やけをはじめ、のどや胸のつかえが起こります。胸やけは、とくに食後に起こりやすくなります。
【慢性胃炎】
慢性胃炎は、ピロリ菌や、ストレス、食べすぎ飲みすぎで起こると考えられています。胃の粘膜が弱まり、炎症が繰り返されて治りにくくなっている状態です。胃痛や吐き気、胸やけ、胃もたれ、膨満感、げっぷなどの症状がでます。
【胃潰瘍】
胃潰瘍は、ピロリ菌や、ストレス、非ステロイド性消炎鎮痛剤などが胃粘膜に傷をつけ、そこに胃酸が胃粘膜や胃壁を消化することにより起こります。特徴的な症状は、みぞおち周辺のズキズキとした痛みです。胃もたれや胸やけをともないます。
【十二指腸潰瘍】
十二指腸潰瘍は、ピロリ菌やストレス、非ステロイド性消炎鎮痛剤などが粘膜に傷をつけ、そこに胃酸が十二指腸の粘膜や壁を消化することにより起こります。

便秘・出血など、なかなか言えないおしりの悩み小さな疑問から私たちと一緒に考えていきましょう

診察予約/お問合せはこちら 0166-54-1788

メールでのお問い合わせはこちら

Copyright © 2017 Asahikawa clinic All Rights Rserved.