旭川市 末広東 大腸疾患や痔などでお悩みの方は、旭川消化器・肛門クリニックへ。

プライバシーポリシー

サイトマップ

0166-54-1788

症状・疾病について SYMPTOMS AND DISEASE

消化器科 GASTROENTEROLOGY
肛門科 ANUS DEPARTMENT
検査・健診 INSPECTION

旭川消化器・肛門クリニック

旭川市末広東1条3丁目1-6
(国道40号線沿い)
旭川電気軌道バス末広1条2丁目
停留所から徒歩1分
診療予約/お問い合わせ
0166-54-1788
診療時間
09:00〜12:30月〜土曜日
14:00〜17:00月〜金曜日

※ 休診日/土曜午後、日曜日、祝日

スマホサイトはこちら

真佑会グループ GROUP

真佑会グループ GROUP

肛門科

何か飛び出してくる

痔核(いぼ痔)は、進行すると、排便時、または日常的に、肛門から痔核が飛び出してくるようになります。しかし、排便時に肛門から何かが飛び出しているという症状を訴える人のなかには、直腸脱や肛門ポリープにかかっているケースがあります。

直腸脱の場合

直腸脱とは、直腸を固定している筋肉と肛門の括約筋が緩んで、直腸の下のほうが肛門から出てくる状態です。軽いものだと、手で押し込めば元に戻りますが、腸が外に出たままの状態で肛門の周囲の皮膚がただれて痛みを生じる場合があります。ひどいものだと、30センチ近くも肛門の外に直腸が出てくることもあります。生まれつき肛門付近の組織が弱い人や、高齢者によく見られます。直腸脱の場合は、肛門部を圧迫する帯を使用したり、それでも効果がないときには、肛門括約筋が緩んでいるため直腸粘膜を縫い縮めたうえで、さらに肛門がある程度以上広がらないようにする手術が必要となります。

肛門ポリープの場合

肛門ポリープは、直腸と肛門のつなぎめである歯状線のでこぼこした部分の出っ張ったところが炎症を起こして肥大し生じるものです。よく、慢性の切れ痔(裂肛)の際に発生します。
肛門ポリープは切除すれば治ります。

便秘・出血など、なかなか言えないおしりの悩み小さな疑問から私たちと一緒に考えていきましょう

診察予約/お問合せはこちら 0166-54-1788

メールでのお問い合わせはこちら

Copyright © 2017 Asahikawa clinic All Rights Rserved.